低金利のカードローンを選ぶ際のポイント

低金利のカードローンを選ぶ際のポイントとしては、借りる際には金利についてしっかりと注意して見てみることがあげられます。金利は、実質年率とも呼びます。利息については、借りたときに借りたお金にプラスして年率計算でだした利息額が加えられることになります。
お金を借りるときにおいて利息の割合については、利息の下限だけではなく上限を見て決めます。借入のときに5%のつもりで低金利と考えて借りたら18%もかかったということにならないようにしておく必要があります。ですので、契約内容についてはしっかりと把握して決めておきます。
次に、借入の際には借りられるお金には限度がありますので注意します。消費者金融から借りるときには、年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。これを総量規制といいます。この規制によって消費者の借りすぎを抑制することができます。ただし、銀行系のカードローンの場合は総量規制の対象外となっている点を留意しておく必要があります。
三つ目に、利息の上限については最大でも年間で20%を超える利息を取ってはいけないことが定められています。もしも、上限を超えて借りていることが分かった場合は借りすぎとなりますので弁護士などに相談して借りすぎたお金を返してもらうようにすると戻ってくることが多いです。
四つ目に、お金を借りるときには審査が例外なくあります。審査によってお金を借りられなくなることもあることを覚えておきます。また、借りたお金は返済日までにしっかりと返すようにしましょう。