総量規制の対象となるカードローンとは

カードローンは審査時に定められた利用限度額の範囲で繰り返しお金を借りる事が出来ると言った特徴が在ります。
繰り返しお金を借りるためには返済をしておく必要が在りますが、30万円の利用限度額となった場合、利用限度額がゼロになっても30万円と言うお金を返せば、再び30万円と言うお金を借りることが出来ると言う便利なローンになります。

 

カードローンには総量規制が在る場合と、無い場合が在ります。

 

総量規制対象外と言うのは銀行で、対象となるのは消費者金融などの貸金業者と言った違いが在ります。
この規制は、年収の3分の1を超える借入れが出来ないと言う総量における規制が定められているのが特徴で、年収が300万円の場合には消費者金融で借りる事が出来る金額は年収の3分の1未満となる100万円未満になるわけです。

 

しかし、銀行の場合は年収の3分の1を超える融資も可能になるケースが在り、可能になるケースと言うのは返済能力を有することを証明できる場合になるわけです。

 

尚、借金を持っている場合、年収の3分の1と言う金額で貸付を行ったとしても返済能力が上限に達していれば融資を行う事は在りません。
貸金業者の場合は、借金をしている場合には年収の3分の1の額から借金の総額が差し引かれた残りの額を融資する事になるため、仮に50万円の借金を持っている場合には100万円ではなく50万円未満での融資と言う事になるのが総量規制の特徴でもあるのです。
詳細は→専業主婦のキャッシング審査に詳しく紹介中です。